2018年1月18日
鬼龍院花子の生涯

yamamoto

 

 

 

 

© 東映

「鬼龍院花子の生涯」

デジタルプレミアムコース:日本映画専門チャンネル(125ch)
放送日 :1月25日(木)21時00分~

(あらすじ)

宮尾登美子の同名小説を、五社英雄監督がスケール豊かに映画化したヒット作。大正から昭和の激動期、運命に翻弄されつつ自身を貫く女性を熱演した夏目雅子が、ブルーリボン賞に輝き、名台詞“なめたらいかんぜよ”は流行語になった。土佐の侠客・政五郎(仲代)の養女となり、正妻と妾が同じ敷地で暮らす鬼龍院家で、男女の業を間近で見てきた松恵(夏目)だが、養父が実娘の婿として家を継がせようとしていた教師と、恋におちてしまう。

(山本淑子の今日のイチバン↓)

若くして逝った夏目雅子の代表作。「なめたらいかんぜよ!」映画は観てなくても、このセリフを知ってる人は多いのでは?喪服姿の夏目が凛として切った、この土佐弁の啖呵が大流行した。もう何年もたった今、じっくりと観直してみる。人の記憶とは頼りないもので、断片的には覚えていたが、そのほとんどを忘れていた。一番驚いたのは、タイトルの「鬼龍院花子」が夏目雅子ではなかったということである。夏目の役は、やくざの鬼龍院政五郎一家に養女としてもらわれた松恵であり、彼女がこの物語の語り手なのである。肝心の「花子」は、この人誰?調べてみたら、アングラ劇団の看板女優さんでした。なるほど。この花子との対比で、松恵の聡明な美しさがより際立った。仲代達也のユーモアさえ感じる怪演は言わずもがな、脇役に至るまですべてのキャスティングが絶妙なのに加え、美術の細部に渡るこだわり、陰影の美しい照明、チャンバラにダイナマイトの豪快な仕掛け、五社英雄の演出には唸る。まさに、映画史に残る一作!

2017年12月26日
冷蔵庫をよろしく

inouemini2

© JTBC co.,Ltd all rights reserved

「冷蔵庫をよろしく」

デジタルプレミアムコース:女性チャンネルLaLaTV(123ch)

放送日:12月27日(水)25時30分~他

(番組概要)

スターゲストの自宅にある冷蔵庫を持ち出し、その中にある材料だけを使い韓国最高峰のシェフたちが料理バトルを繰り広げる!制限時間はたったの15分、誰でも簡単に作れるアイディアレシピを披露します。この番組の見どころはなんと言ってもゲストスターたちの顔ぶれ!冷蔵庫にまつわるプライベートトークから彼らの素顔が垣間見れちゃいます!スターの密かなプライベートと、絶品簡単料理のレシピを一度にお届けする話題のフードプログラム!

(井上公子の今日のイチバン↓)

面白いタイトル。郷ひろみなら「よろしく哀愁」ララだからどんな韓国ドラマだろうかと思ってみてみたら、これがフードバラエティ!そうか、タイトル通りに受け止めればよかったのね。グルメ時代になってからどれほど経つのか、今や食はテレビからは外せないジャンルです。おいしいお店を紹介するだけでは飽き足らず、作る、レシピを超えて…まさにバラエティ化です。日本なら「スマップ×スマップ」の感じかな。アイドルがゲストに出てきて、ゲストにちなんだ料理を制限時間内にスタジオのキッチンで作る。この日はゲストがビッグバンでした。私は分からないけど、話を聞いてたら韓国版ジャニーズみたい。小さい頃からスクール的なところで活動して、その中から選ばれた子たちが羽ばたいていく。歌もダンスもかっこよくて、バラエティにも対応できる万能選手たち。
この番組のキモはゲストの冷蔵庫の中身をまるままスタジオに持ち込んで、ひとしきり冷やかし茶化した後で、プロのシェフが料理すること。このシェフたちもひとくせふたくせで、腕は確かだがノリもいい。最近日本でも、テレビ向きな料理人いますよね。なんか、フジ系の情報番組から出た乱暴な口利きのオジサンいたな。誰だっけ・・・。この番組のシェフは、イケメン揃い…とは言えないが、なかなかウケのよさそうな人ばかり。アイドルゲストも、感じよく、司会の二人のいじり方、自由な進行がまた面白い!一時間の番組、しゃべってばっかでいつ料理するの!?ただ、韓国の食文化が分からないと、ウケどころが分からない…そんな危険も含みながら、それでも、また見たい!お笑い好きな人、一度チェックしてみてくださいね。

2017年12月25日
ワイルド・スピード EURO MISSION

yamamoto

 

 

 

© 2013 Universal Studios. All Rights Reserved.

「ワイルド・スピード EURO MISSION」

デジタルプレミアムコース:ムービープラス(122ch)
放送日 :12月31日(日)21時00分~

(解説)

世界中で大ヒットしたカー・アクション第6弾。今回は欧州を舞台に、巨大犯罪組織を追うワイルド・スピード・チームが常識破りのミッションに挑む。

(ストーリー)

強盗団の元リーダー、ドミニクは新たな家族と共に南洋の地で逃亡生活を送っていた。そこへ宿敵であるFBI特別捜査官ホブスが現れる。元エリート軍人ショウとその一味を追うホブスはドミニクに協力を要請すると共に、死んだはずの彼の元恋人がショウ一味に関係していると仄めかす。

(山本淑子の今日のイチバン↓)

大人気カーアクション映画「ワイルドスピード」シリーズの6作目。ストリート・レーシングがテーマだけに、カーアクションがものすごい。どうやって撮ったんだろうと思うほどのスピード感。で、また車を壊しまくる。走り屋にはたまらないだろうかっこいい車が、宙を跳び、激突!ストーリーがどうとか言う前に、思わず見入ってしまうこと必至。事件解決のために、前5作の登場人物たちが再び集結。このあたり、ちょっとX-MENっぽい。この作品を最期にブライアン・オコナー役のポール・ウォーカーが事故死したことは記憶に新しい。この訃報に、スピード超過の自動車事故だったというのが映画とシンクロしたファンは多いだろう。軍隊が襲われ、チップ(よくわからないがすごい大事らしい)が盗まれ、インターポールが動き、はぐれ者たちが世界を救う。この漫画みたいな話、好きだなあ。モスクワ、イギリス、アメリカ、とまさにワイルドワイドな展開で、理屈なく楽しめる一作です。

2017年12月18日
榊原郁恵の町のお嬢さん

inouemini2

TM & (c)2017 Turner Japan

「榊原郁恵の町のお嬢さん」

デジタルプレミアムコース:旅チャンネル(143ch)

放送日:♯34愛知県東海市 12月24日(日) 9時00分~

(番組概要)

榊原郁恵が毎回、全国各地を散策して地元の人達とふれあいながら、その町で輝く女性“町のお嬢さん”を探す旅へ!町を歩きながら出会った人達との会話では、笑顔はもちろん、ときにはホロリとこぼれるような涙も…。ゆったりとした土地の風情や街並みなども紹介しながら、地元の人達とのふれあいの旅をお届けします。

(井上公子の今日のイチバン↓)

アイドル時代を共にした太川陽介は妻の不倫疑惑で大変なことになっていますが、榊原郁恵は今のところ順風満帆なのでは?
さらに今年の「ケーブルマン・オブ・ザ・イヤー」にタレントとして初めて(ではないか?私調べ)選出された!この賞は、ケーブルテレビの業界でその年顕著な活躍が認められた人物に贈られるもので、私が最近の10年ほどを振り返ったところ、ケーブルテレビ会社、番組供給会社他、関係団体や個人も画面に出る側の人物の受賞例はない(数年前にケーブルテレビ会社の女子社員が集まったPRグループ「ケーブルガールズ」の中に、放送担当の社員がいたかもしれないが)。CSチャンネルの出演タレントの受賞は、業界では驚きをもって受け止められているのではないでしょうか!?そこまで、関係者、ケーブルテレビ事業に携わる人々に影響を与えている榊原郁恵!いったい何が・・・。
この番組が始まったころ、ブログに書いたことがある。若い頃、アイドルとして一世を風靡したタレントがその後年齢に応じて活躍していく事は難しいことも多い。その中で、榊原郁恵が年齢相応の自分の居場所を確立していることに同世代として、誇らしくなるようなエンパワー効果を感じたものだ。榊原郁恵は、まあ、もともと、お茶の間的というかおばちゃん的な要素はあったにせよ、番組がずっと続いて、こんな受賞までしてしまうって、やっぱりすごい。
番組を見たことのある方にはわかると思う。現実におばちゃんになった郁恵ちゃんがパワー全開に、あつかましく、時に図々しく、街歩きで出会う人々に迫っていく。やりすぎ~?とみてる側が不安になっても「アハハハ~』っと例の高笑いで吹き飛ばすのだ。アイドル時代という財産あってのキャラクター、いつ見ても安心の安定感。
アポなしの先駆者つるべに続け!榊原郁恵!

2017年12月18日
人生フルーツ

yamamoto

 

 

 

(C)東海テレビ

「人生フルーツ」

デジタルプレミアムコース:日本映画専門チャンネル(125ch)
放送日 :12月30日(土)21時45分~

(作品解説↓)

ニュータウンの一角で、自然とともに暮らす老夫婦を映すドキュメンタリー。数々の意欲作を送り出してきた東海テレビ製作ドキュメンタリーの劇場版。90歳の建築家・津端修一さんとその妻・英子さんにカメラを向け、その豊かな老後の暮らしぶりと、60年間連れ添ってきた2人の深い夫婦愛を見つめていく。かつて日本住宅公団のエースとして活躍した建築家の津端修一さんは、1960年代に自然との共生を目指した愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの基本設計を手がけるも、そこは無機質な大規模団地に取って代わられてしまう。やがて津端さんはその土地に平屋を建て、雑木林を育て始め、雑木林は里山の風景を甦らせる。自ら育てた野菜や果物を巧みに料理する妻の英子さんと寄り添いながら60年。90歳を迎えた津端さんに新たな依頼が舞い込む。

(山本淑子の今日のイチバン↓)

その家はまるでおとぎ話のようだ。庭には手をかけて育てた野菜や四季折々に実る果実の木。そのひとつひとつに手書きの看板が付いている。機織り機や手作りの燻製器、小さかった孫娘に作ったドールハウス。そこには修一さんと英子さんという二人の老夫婦が住んでおり、「出来るだけ自分の手で」をモットーにゆっくりと丁寧な暮らしを営んでいる。「こんなふうに暮らしたい」と多くの人が思うだろう。ただ、二人の暮らしは、昨日今日できたものではなく、多くの時間とチャレンジを積み重ねてきた結果なのだということを、映画は伝えている。建築家として都市計画に携わった修一さんが、はげ山を雑木林にする計画を働きかけ、住民総出でどんぐりを植えて、何年も何年もかけて山は風の通り抜ける雑木林に成長した。こういった営みが二人の生活に集約されているのだろう。だから私たちは感動する。人は自然の一部なのだと改めて思う。心洗われる一篇である。