2017年8月22日
吉祥院宅善寺で灯篭流し

8月21日、吉祥院宅善寺夏の行事、灯篭流しが行われました。

灯篭流しは死者の霊を慰めることを目的としており、市内では現在宅善寺のみが開催しています。

午後6時に約200人の参加者が集まり、金剛講宅善寺支部の人らによる御詠歌と舞踊が披露されたのち、行列を作って西ノ浜港へと向かいました。

およそ20分かけて港に到着したあと提灯に火がつけられ、灯篭流しが行われました。

約60張りの提灯は港を何度も周回、夕闇とともに灯篭のあかりがボーっと浮かび上がり、参加者たちは鎮魂の思いを募らせているようでした。

放送:野村

2017年8月22日
土居町でリュウゼツラン咲く

およそ30年に一度花を咲かせるというリュウゼツランが土居町北野の加藤静男さんの敷地で咲いており、近所で話題になっています。
加藤さんの話によると、およそ2カ月前から茎がグングンと伸びていき、1カ月前に下の方から順に黄色い花を咲かせ始めたそうです。
植えられた時期は定かではなく、加藤さんもこれまで特に気に留めていませんでした。
加藤さんは「こんな花は初めて見た。凄い。」と話し、2階建ての屋根の高さまで伸びたリュウゼツランを見上げていました。

放送スタッフ:井上智弘

2017年8月21日
共同瓦斯株式会社からの国体協賛物品贈呈式

821日、市長室で共同瓦斯株式会社よりえひめ国体協賛物品の贈呈式及び感謝状の贈呈式が行われ、ウォーターサーバーや飲料水約100万円相当が市に贈呈されました。

共同瓦斯株式会社はミネラル水の宅配などの水事業を行っており、えひめ国体における各競技会場での、健全かつスムーズな進行が実現すればとの思いから、今回の贈呈となりました。

篠原市長は「ありがとうございます。有効に活用させていただきます。」と御礼の言葉を述べられました。

今回贈呈されたウォーターサーバー及び飲料水はえひめ国体の四国中央市実施競技各会場で無料提供される予定です。

2017年8月19日
森信雄七段講演会「弟子とともに棋士生活41年」

8月19日、三島図書館で今年引退した四国中央市出身の将棋のプロ棋士、森信雄七段による講演会が開催されました。

森さんは、プロ棋士として活動しながら、昨年公開された映画「聖の青春」の主人公のモデルになった、村山聖九段をはじめ数多くのプロ棋士を育ててきました。

会場には、親子連れや、森さんの同級生などおよそ100名が訪れ、「壁にぶつかった時の乗り越えかた」など弟子との経験をもとにしたエピソードを興味深そうに聞いていました。

また、講演が終わると、小・中学生10名を相手に指導対局が行われ、対局後一人一人にアドバイスを送りました。

森さんは「今後も機会があれば四国中央市で将棋を教えたい」と話していました。

放送スタッフ 倉橋

2017年8月18日
四国4県防災航空隊合同訓練

大規模災害時の連携強化に取り組もうと、四国中央市消防本部と四国4県の消防防災航空隊の合同訓練が18日、土居町上野のやまじ風公園で行われました。
四国4県の航空隊による合同訓練は毎年行われており、四国中央市での開催は今回が初めてです。この日は消防署員34人と航空隊員45人が参加。四国エリア山間部での複数の救助活動を想定し、四国4県の航空隊が地上にいる消防署員らと連携しながら訓練を行いました。
防災ヘリコプターが滑り台周辺の降下地点に誘導されると、航空隊員2人が上空およそ24メートルからワイヤーを使って降下。その後、救助要請者を救助用担架に乗せて引き上げました。
またこの日は、救助要請者を新居浜市の国領川多目的広場に搬送し、救急隊へ引き継ぐ訓練も同時に行われました。尚、来年の四国4県の航空隊による合同訓練は香川県で開催される予定です。
放送スタッフ:井上智弘