2017年10月23日
伊予三島秋祭り 最終日

晴天に恵まれた10月23日、伊予三島秋祭り最終日を迎えました。
台風の影響で各地域の統一寄などは中止となりましたが、
この日は朝から威勢の良い掛け声と共に三島の各地域を太鼓台が練り歩きました。

三島神社では朝8時ごろから三島地区8台の太鼓台が次々に宮入し、
本殿前で力強いさしあげを行い、また11号線沿いにある御旅所では神幸祭が行われました。

夜には、船太鼓の濱町明神丸、
瓦町太鼓台を筆頭に、中央本通りで統一運行を行いました。

この日は多くの地域住民が訪れ、間近で見るライトアップされた太鼓台と、
かき夫たちの力強い掛け声、さしあげられた太鼓台の迫力を楽しんでいました。

2017年10月22日
伊予三島秋祭り 2日目

伊予三島秋祭り2日目の10月22日、三島地域では台風の接近に伴う雨の影響で統一寄せが中止とはなったものの、各町内で練り歩きは行われました。

寒川地域の秋祭りはこの日最終日を迎え、江之元八幡丸が寒川石戸八幡神社に宮入りを行い、かき夫たちは勢いよく石段を上りました。

最終日の23日には、JR三島駅付近から中央本通りで宮入りや夜太鼓統一運行が行われる予定です。

放送スタッフ 倉橋

2017年10月22日
川之江駅通り日曜朝市 最終日

川之江町の川之江駅通り商店街で23年間地域住民に親しまれてきた日曜朝市が10月22日、最終日を迎えました。

来客が少ない日曜の活性化につなげようと、商店主らが平成6年11月から月1回の朝市をスタート。出店数は次第に増え、平成10年からは月2回開催してきました。しかし、大型店の買い物客の増加などで来客が減り、最近の出店は商店街の店舗8店と、食料品や雑貨などを販売するおよそ20の業者にとどまっています。20年以上続いた朝市も、売り上げ減少や運営者の高齢化により、501回目で幕を閉じることになりました。

最終日は台風の影響により、あいにくの雨となりましたが、朝8時頃から長年朝市に通い詰めた買い物客らが訪れ、顔なじみの店主らと会話を弾ませながら、手作りの総菜やいりこなどを買い求めていました。

隣接する川之江栄町商店街では毎月第2、第4土曜の午前10時から栄町駐車場付近で「食の回廊」が開かれています。

放送スタッフ:井上智弘

2017年10月22日
伊予三島秋祭り 初日

10月21日、三島地域で、秋祭りが始まりました。

早朝の雨の中、野田八幡大神社では、豊田太鼓台と長田太鼓台が神事を行い、
安全運行を祈願しました。

 

フジ三島店では明神丸と太鼓台6台が統一運行を行い、雨にも負けない差し上げを披露しました。

 

寒川地区の秋祭りは22日まで、三島地区・豊岡地区の秋祭りは23日まで開催され、
かきくらべや統一運行が行われる予定です

2017年10月18日
三島高校に期日前投票所設置

初めて18歳選挙権が適用される10月22日投開票の衆議院議員総選挙で、四国中央市選挙管理委員会は、12日から市内の3高校に期日前投票所を設置しました。これは投票しやすい環境を整備し、若者の主権者意識を向上させることを目的としており、市選管によると県内の高校では初めての取り組みとなります。

18日に投票所が設置された三島高校では生徒74人が訪れ、本人確認のチェックを受けたあと、市職員の交付係から投票用紙を受け取り、投票を行いました。

このほか川之江高校は12日、土居高校は16日に投票所が設置され、3校で122人の生徒が期日前投票を行いました。

市選管によると、四国中央市の有権者数は9日時点で7万5,102人。

17日の期日前投票者数は5,794人で、2014年の前回衆院選に比べて2,312人増えています。

放送スタッフ:井上智弘