WEBメール

WEBメールご利用中のお客様

ログイン

2013.9.11 よりwebメールの機能が新しくなりました!

WEBメールについて

ウェブメールとは?

Eメールの送信や受信、閲覧、削除などすべてをWeb ブラウザだけで行うメールシステムのことです。メール専用ソフト(アウトルックエクスプレス等)を使わず、Web ブラウザ(インターネットエクスプローラー等)だけでメールの管理ができるので、 出先や旅行先でもWeb ブラウザさえあればメールチェックなどができ便利にご利用いただけます。

ウェブメール機能を使えると何が便利なの?

現在でも、インターネット上のどこからでもメールの送受信はできますが、メールソフトを使用する必要が有るため問題もありました。 例えば他人や会社のパソコンの場合、個人のメールアカウント情報をメールソフトに設定するのは気が引けます。 しかし、ウェブメール機能を使えばそのような問題はすぐに解決できます。必要なのはお客様のメールアドレスとメールアカウントのパスワードだけ。 自宅はもちろん、オフィスや友人宅、インターネットカフェ等とにかくインターネットに接続できる環境とウェブブラウザさえあればよいのです。

ウェブメール機能を使うには?

お客様側で特に設定等を変更していただく必要はございません。ただ、メールアドレスとそのメールアカウントのパスワードを覚えていただくだけで結構です。 使い方や機能がわからないときには「ヘルプ」をクリックすれば問題解決の手助けになります。

WEBメールの使い方

アドレス帳の使い方

メールを送信する際に利用されるアドレス帳の使い方を説明します。
まず、メニュー項目のアドレス帳をクリックすると下図のような画面が表示されます。 そして「新規登録」をクリックすると新たなアドレスを登録することができます。

アドレスなど登録できましたら「登録」ボタンでアドレス帳の画面へ戻ります。
また、メールを受信した際に送信者をクリックしてアドレス帳に登録することもできます。

さまざまな設定

メニュー項目の「ツール」をクリックすると下図のようなメニューが表示され、署名やフォルダ管理設定、フィルタリング設定などが可能です。

迷惑メール設定

ツールメニューの中にある「迷惑メールフィルタ設定」では、昨今よく届いてしまう迷惑メールを自動振り分けする機能などがございます。
迷惑メールを自動で振り分ける設定すると受信した迷惑メールが自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられます。
また、必要なメールがこの振り分け機能により、誤って迷惑メールとして振り分けられる場合には、「受信アドレス設定」に そのアドレスやドメインを追加することで、意図しない振り分けを防ぐこともできます。

さらに、迷惑メールであるにもかかわらず、迷惑メールとして判定されないアドレスがある場合や迷惑メール以外でメールの 受信をしたくないアドレスなどがあれば、個別に「拒否アドレス設定」を追加することで、受信拒否をすることもできます。

フィルタリング(メール振り分け設定)

ツールメニューの中にある「フィルタリング(振り分け)」では、宛先や件名などの条件を決めて受信したメールをフォルダに振り分けたり、 削除することも可能です。

下図がフィルタを開いた際の画面です。
まず、条件を決定します。例えば「差出人」が特定の人の場合には受信箱ではなく別のフォルダへ 移動するなどのアクション(動作)を設定することが可能です。条件、アクションが決定すれば「OK」ボタンでルールを追加することができます。

メールの転送設定

ツールメニューの中にある「転送」では、フィルタリング同様に宛先や件名などの条件を決めて受信したメールを別のメールに自動転送することも可能です。